家づくりを失敗しない為の情報と失敗談の発信+管理人の趣味ランニング+副業

家づくり×running×web design

ランニング

On クラウドフロー買いました。Onクラウドフローでフルマラソンにチャレンジするぞ!!サブ4目指してます!

投稿日:2019年11月5日 更新日:

去年からランニング始めて、靴買うのは何足目でしょうか?はい!5足目です!2018年3月から本格的にスタートしているので、今日現在で約1年半。5足が多いのか少ないのかよく分かりません・・・。仮に多かったとしても、普段履きの靴は買っていないので良しとしましょう。オン!!(うん!!)

オンクラウドフロー

Onの靴はなんかかっこいいよなー。クラウドwaterproofは1足持ってるけど本格的にフルマラソンに使うなら、他の靴の方が良いかなー?常に防水の靴で走る必要ないしなー。

そんなことを思いながら、ネット検索する日々が約2週間。気になり出したらとにかく調べる。画像を見まくる。見れば見るほど欲しくなる。そして買う!!大人って良いね👍

ちなみに現在は、Onクラウドの防水仕様の靴以外に、ナイキズームペガサス36、ナイキエピックリアクトフライニットを主に使用しています。クラウドでフルマラソン出てみようかなと思ったのですが、色々調べてると何やらクラウドフローがフルマラソン向きという情報が出ていたので、今回購入に至りました。

今日はOnクラウドフローの購入レビューです。

先にOnを知らない方のために、Onの説明を少し。

Onは2010年にスイスでスタート。「ランニングの世界を変える」という大きな目標を掲げています。スイスのアルプスで生まれたOn。創設から今日まで、Onが目指す目標はただ一つ。ランニングセンセーションの革新。全ては、一つのアイデアに基づいている。それは、ソフトな着地と爆発的な蹴り出し。Onの言葉で言い換えるなら、「雲の上の走り」。

https://www.on-running.com/ja-jp/about

ちなみに2019年11月頃に発売されたクラウドフローの新型のレビュー記事はこちらです。↓

動画版はこちらです。↓

Onクラウドフローを選んだ理由

僕はフルマラソン歴は2回ほど。タイムも4時間46分と、サブ4目指してる平均的中年男性です。初めてのフルマラソンはナイキのズームペガサス34、2回目のフルマラソンはナイキのエピックリアクトフライニットで走りました。

今回3回目となるフルマラソンは、手持ちのクラウドwaterproofで出ようと思ったのですが、前々からこの靴はどちらかといえばデイリーユースよりな靴みたいな記載をどこか見たのを思い出しました。そう。Onを調べた時に、このページを見たんです。

https://www.on-running.com/ja-jp/products/cloudflow/mens/rust-pacific

on公式通販より

これを見た時に、クラウドフローは適している用途がレース・マラソンと買いてあるのに対し、クラウドwaterproofは、雨天時のランニング・デイリーユース・街履きと買いてあるのです。フルマラソンに履くなら、街履きの靴よりやっぱりマラソンに適した靴の方が良いでしょ!!と、思ったわけです。

そして、重さが30グラム違うということで、クラウドフローの存在が気になったわけです。実際どっちがフルマラソンに適しているかは、履く人によって違うとは思うのですが、僕はこの記載を信じます。物に頼るランナーなので・・・。

onクラウドフロー購入時の様子 試着と試走のススメ

実は、購入するまでに、3回くらい店舗に通っています。なぜかというと、試着した時に、手持ちのクラウドと履いた感触が違うとかあまり感じず、なんか早く走れそうみたいな感覚がなかったので少し悩んだんです。どっちみち最後は買うのにね!!いつもこうです・・・。

そして結局買った日の様子お伝えします。僕の購入時の様子なんてどうでも良いとは思いますが。

まず目当てのクラウドフローをサッと履いてみる。すぐさま店員さんが駆け寄ってきて、店員さん「他のサイズよかったら出しますよ!!」。

僕「あっ、じゃーこれの25.5ありますか?」店員「はい。こちらにあります。よかったら座って履いてみてください」。みたいなやりとりがありましたが、特に変わったことはないので省略します。だったらお伝えするなよって話ですが・・・。

履いてみて気になったのが、今履いているクラウドと同じ25.5を履いた時に、わりかしつま先の部分が余っているように感じました。店員さんにも触ってもらい、25でも良いかもですねってことで25を履いてみました。

25の方がフィット感を感じましたが、店員さん曰く、左足はちょうど良いが、右足は足の幅が左より広いので、少し幅はきついかもとアドバイスを受けました。なるほど!そう言われてみればそうかもと、この時は妙に納得し25.5を購入したわけです。

この時店内に試着用にルームランナーが置いてあって、少し走ってみて良いですよと言われたのですが、仕事終わりのスーツ姿でさすがに走るのは恥ずかしくて走りませんでした。なので本当は、休みの日に私服で行くのが一番で、なんならクラウド履いていったらその場で比較もできて良かったのにと思いました。靴選びの際は、試着して試走をお勧めします。

履いた時と、走った時では感覚が違いますし、走ってみて気づくことがあります。今回僕の場合は、ワンサイズ小さくても良かったかなという後悔があるわけです。紐でしばれば良いかなと思いましたが、やはり右足の指先が余るので、走行中にずれるわけではないのですが、うまく力が入ってないような感覚になります。こういう時は、走り終わると足裏に違和感を感じます。こうならないためにも、恥ずかしがらずに試走をしましょう。

Onクラウドフロー開封レビュー

ニューシューズ定番の開封レビューです。

Onは箱のデザインもおしゃれでかっこいい
箱に入っている状態もかっこいい
IDカードみたいなのが入っています。会員登録ができるようです。
箱にはクラウド(雲)の絵が書いてあります。
靴の中には型崩れ防止が入っています。そこにもOnの記載があります。
靴裏の独特のクラウドパーツ。存在感あり
後ろから見るとonの文字が。にくい演出。
クラウドより数が多いクラウドパーツ。
インソールも演出がかっこいい。『I AM THE SHORTCUT TO RUNNER'S HIGH」
うーんかっこいい。私服にも履いちゃいます!!

onクラウドフロー購入体験まとめ

今回はレースに適した靴としてクラウドフローを購入。近々フルマラソンに出てみます。その後、走行レビューいたします。デザインは安定のかっこよさ。普段履きでもいけちゃいますね。試着と試走はしっかりおこないましょう。Onのシューズは、それぞれが形の大きさも違うようです。色々試してみて、しっくり来るのを選びましょう。

Follow me!

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-ランニング

PAGE TOP

Copyright© 家づくり×running×web design , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.