家づくりを失敗しない為の情報と失敗談の発信+管理人の趣味ランニング+副業

家づくり×running×web design

家づくりお役立ち情報

2階リビングのメリット 我が家の2階リビングでよかった所【体験談】

投稿日:2019年10月15日 更新日:

2階リビングのメリットはどんなとこかな?2階リビングはやめたほうがいいって聞くこともあるけどどうなんだろう?

こんな疑問お持ちではありませんか? 2階リビングに住んでる管理人がお答えします。

2階リビングのメリット 我が家の良かった所 ベスト3

  1. 景色が良い
  2. 明るい
  3. 開放的

1位 2階リビングは景色が良い

景色が良いというか、景色を望みやすいですね。2階にいる時間が長いですし、夜になるまではカーテンを閉めることがないので、景色が目にはいります。

私の住まいは田舎で、家も立ち並んでないので、遠くまで視界がのびます。夏場は夕日がとても綺麗で、子供たちと空を眺めることもしばしば。この家に住むまでは、室内から外の景色を見るなんてことはなかったですが、今は毎日外の景色をみますね。特に朝はカーテンを開けて、外をみながら朝食をとります。

外が見えると何がいいの?

やっぱり景色が見えると、なんとなく朝から気持ちがいいです。昼間も、窓際で空を見ながら読書ができますし、なんだか豊かな気分になります。おそらく子供たちも同じような感覚を味わってると思います。

2位 2階リビングは明るい

2階リビングのメリットに、「明るい」は必ず出てきますよね。当然2階なので1階よりも日当たりを確保しやすくなります。我が家は、南側に母屋が接近して建っていますが、2階は日当たりが確保できています。

ただし、間取りと窓計画をしっかり考えないと、日が入らない家になる場合もありますので、設計の際は注意しておきましょう。せっかく2階リビングにしたのに、日当たりが悪くなってはもったいないですからね。

明るいメリットは何?

明るいメリットは、暗いよりは気持ちががいい。これにつきますかね。暗いと、なんとなくドヨンとした空気になりますし、うつ病になりやすくなるかもしれません。

だいたい皆さん新しい住まいに求める内容に、「明るい家がいい」と出てきます。昼間から電気をつけないと生活できない家は嫌と言われますね。やっぱり明るい方が、気分も良く健康的ですね。

3位 2階リビングは開放的

開放的な理由は、カーテンを開けっぱなしに出来ますし、天井を高く取ることができるので、開放感が出しやすくなります。我が家は、天井が高い部分と低い部分があります。写真は、天井が低い部分です。ここは、正直高くしておけばよかったかなと思う部分です...

だいたいどの家も、目隠し塀でしっかり視線カットをしてない場合は、カーテンが閉めてある事が多いですよね。せっかく窓を作っても、カーテン閉めているのはなんだかもったいないですよね。

隣家の状況にもよりますが、周りの家と生活空間が逆になるので、2階リビングは日中カーテンを閉めなくてもいい場合が多くなると思います。周りの視線を気にしなくてもいいという事です。

天井を高く取ることもできるので、開放感が出しやすくもなります。

カーテンが開けられて、周りの視線をあまり気にしなくてもいい、天井を高くとり開放的に暮らせる。結果、気分がいい、居心地の良い家になりますね。

2階リビングメリット まとめ

一見、上り下りもあるし面倒な家と思われがちですが、2階リビングの家には、「景色が良い」、「明るい」、「開放的」などのメリットがあります。どのメリットも、気分良く快適に過ごすための条件となります。2階リビングは、その条件が容易に確保しやすくなるということです。

2階リビングで、明るく開放的で、景色を望む暮らしを楽しんでください。

Follow me!

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-家づくりお役立ち情報

PAGE TOP

Copyright© 家づくり×running×web design , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.